ただいま、都合によりメールによるお見積り・お問い合わせを停止しております。
お客さまにはご不便をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

【ナット作成】Micarta (ミカルタ ミカータ)

Micarta(ミカルタ、ミカータ)材

ナットは様々な素材で作られており種類はかなり多くあります。
牛骨や象牙、水牛の角、木材で作ることもあります。
その他プラスチック系の素材など数え上げたらきりがありません。
今回はその中でも代表的なMicartaで作成しています。

Micarataと簡単に言っても実は種類があり、総称として使用されている言葉になるようです。
基本的な製造方法は基材となる紙やガラス、炭素繊維、コルクなどとフェノール樹脂などの樹脂を熱と圧力を加えて作られた素材となります。

 楽器の材料として使用される場合、基材が何になるかで音質に影響を与えるのですが、楽器用の素材として使われているのは先に述べたガラスと紙になるでしょうか。
正確な素材のデータが出てくるわけではないので経験上という事になりますが。
もし数個用意できた場合は、机の上などで叩いたりしてみるとわかるかと思います。
ガラス繊維が基材になっている場合は、残響音がキーンと高音が最後まで残って聞こえ、
紙が基材になっている場合は、全体の音がまとまった感じで倍音が豊かに響くように聞こえます。
削った時(成形時)でも違いは確認でき、ガラスは削りカスがざらざらして多少とがったような見た目をしています。
紙の場合は細かい紙の繊維が(ティッシュをちぎった時に出てくる細かい繊維状の物)出てくるので、それぞれ違いは一目瞭然です。
しかし、どういった素材で出来ているのか現物を手にするまでわからず、自由に選べればいいのですが色々と難しいところがあり、悩ましいところです。
ちなみに当店で現在(2021/12/24)在庫しているのは紙が基材になっている素材と思われます。


WSR(リペア&カスタム工房)
熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。
Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html

関連記事

気ままな日記
湿度
湿度

今朝のWSRの湿度は64%です。工房内の湿度は比較的安定しているのですが、だいぶ上がってきましたね。今年の冬から春にかけてはものすごく乾燥いた印象ですが、この時期からは一気に湿度が上がっていきます。楽器のコンディションが […]

Read More...
気ままな日記
多弦ベース
多弦ベース

多弦ベースの中でも5弦ベースは使用する人も少なく無く、店頭では様々なメーカーから5弦ベースが販売されています。使用されているパーツなどもジャズベースやプレシジョンベースの元のパーツの形をしている物が使用されていたり、外観 […]

Read More...
Repair
貼りメイプル
貼りメイプル

68年製Fender TLのリフレットです。この年代は貼りメイプル指板ですよね~。 一般的に70年代付近のメイプル指板の場合、指板がカラカラに乾いているものが多くて、フレットを抜く際に、若干チップしてしまう事があるのです […]

Read More...
Accessory
懐かしい!
懐かしい!

90年代のJames Tyler Classicについていたペグとスペーサーです。 ペグは通常のSD-91ですが、写真のような斜めにカットしたアルミ製のプレートを使うことによって、段差ペグとしていたんですよね・・・。 久 […]

Read More...
Tools
三角定規/分度器
三角定規/分度器

精度の良い正しい垂直の線を罫書くのは普通の定規だけでは難しいのですが、三角定規が2枚、もしくは分度器があればより正確に罫書くことができます。 100円ショップなどで売っている正確に図形などを書ける普通の定規ですが、私の使 […]

Read More...
Tools
喰い切り
喰い切り

こちらは私が使用しているフレット抜きです。 エンドニッパーという工具の底面を加工して、限りなく平面に近い曲面に仕上げています(表現が難しいです。)。10数年の使用で数百本分のギター・ベースのフレットを抜いてきたので、もう […]

Read More...
Repair
Eric Clapton Stratocasterの木片
Eric Clapton Stratocasterの木片

Fender Mexico Player StratocasterにEric Clapton仕様のセッティングにして欲しいという依頼で、ブリッジのイナーシャブロックとボディの間に木片を挟み込みました。 Eric Clap […]

Read More...
Repair
インレイ
インレイ

ブロック、ディッシュインレイのような大きなタイプは、剥がれかけていたり、写真のように綺麗に取れてしまっているのを見かけます。 不思議とドットインレイは滅多に見かけないのですが、何故なんでしょうか? 大きい分接着面積が増え […]

Read More...

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ACCESS

WSR(ダブリュ・エス・アール)
WSR(ダブリュ・エス・アール)

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-7-4 スクエアB 3F
TEL.03-6433-7957
E-Mail wsr@ikebe.co.jp